SPDR®ゴールド・シェア、アマ二―・アドバイザーズよりシャリア(イスラム法)適格の金取引として認定

Wednesday, February 22, 2017 4:30 pm EST

Dateline:

2017年2月22日

米ステート・ストリート・コーポレーション(本社:ボストン)の資産運用部門であるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(以下、「SSGA」)は、220日、その関連会社でSPDR®ゴールド・シェア(GLD®)のマーケティング・エージェントであるステート・ストリート・グローバル・マーケッツ・エルエルシーを通して、SPDR®ゴールド・シェア(NYSEGLD)が、イスラム金融機関会計監査機構(AAOIFI)が最近定めた金取引に関するシャリア(イスラム法)基準に適合している旨、大手シャリア・アドバイザリー会社アマ二ー・アドバイザーズによる認定を受けたことを発表しました。 

シャリア基準の中で、金に関するものは201612月に導入されました。当該基準は、SPDR®ゴールド・シェアのスポンサー会社であるワールド・ゴールド・トラスト・サービシズLLCの完全親法人であるワールド・ゴールド・カウンシルが、アマ二ー・アドバイザーズおよびAAOIFIと共同で策定しました。アマ二ー・アドバイザーズは、今般の認定によって、世界の相当規模に達する、戒律に厳格なイスラム人口に対してシャリア基準に則ったSPDR®ゴールド・シェアの投資ポートフォリオへの組み入れが認められたことで、この金ETF(上場投資信託)にとって実質的に新たな投資家層が誕生する可能性があると説明しています。 

ワールド・ゴールド・カウンシルの米国およびETF担当マネージング・ディレクターで、SPDR®ゴールド・シェアのスポンサー会社の最高経営責任者を兼ねるジョセフ・カバトーニ氏は、次のようにコメントしています。

「今般の発表は、2兆ドル規模のイスラム金融市場における金需要に応える重要な一歩です。より多くのイスラム教徒の個人投資家と機関投資家の皆様にとって、金延べ棒(金地金)・金貨・金宝飾品の購入に加えて、透明性とコスト効果が相対的に高い金地金の裏付けがある投資商品へのアクセスが可能になりました。」 

SSGAのヴァイス・プレジデント兼アジア太平洋地域ETF戦略・調査責任者を務めるマシュー・アーノルドは、次のように述べています。

SPDR®ゴールド・シェアは投資家の皆様に金市場への透明性とコスト効率が相対的に高いアクセス手段を提供します。このたびシンガポール(注釈:SPDR®ゴールド・シェアはシンガポール証券取引所にも上場)において、イスラム教徒の投資家の皆様に、金取引のシャリア基準に適うSPDR®ゴールド・シェアを通した金地金市場への投資が新たに可能になったことを喜ばしく思います。」 

SPDR®ゴールド・シェアの純資産残高は300億ドル超に上り、金地金により裏付けされた世界最大級の金ETFです。SPDR®ゴールド・シェアは、20041118日にニューヨーク証券取引所で上場されました(※2008630日には東京証券取引所にも上場<銘柄コード:1326>)。それ以来、市場参加者から市場の「リーディング・イノベーション」として評価され続けています。最近では、アジア・アセット・マネジメント社による2016年「最優秀ETF商品賞」にも選ばれました。 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)について

40年にわたり、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(以下「SSGA」)は、直接的、間接的な当社の多くのお客様に対して財務面でサポートさせて頂くことに邁進してまいりました。SSGAは、世界屈指の優良な機関投資家や金融法人のパートナーとして、インデックス運用からアクティブ運用に至る、厳密かつリサーチ主導の投資プロセスを通して、パートナーの目標達成のお手伝いをいたします。運用資産残高が数兆ドル*に及ぶ当社は、そのスケールとグローバルな組織展開により、あらゆる市場、地域、資産クラスへのアクセスはもとより、考え抜かれた考察と革新的なソリューションをお客様にお届けいたします。 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、ステート・ストリート・コーポレーションの資産運用部門です。 

*20161231日現在の運用資産残高(未監査)は、約2.47兆ドルです。 

ワールド・ゴールド・カウンシルについて

ワールド・ゴールド・カウンシルは、金業界のための市場育成組織です。その目的は、金需要の促進および持続、業界リーダーシップの提供、金市場に関するグローバルな権威として機能することです。そのため、政策関連事項、市場インフラ、中央銀行および投資市場の動向を注視しています。 

ワールド・ゴールド・カウンシルは、業界のパートナーと協力して、主要な市場部門全体で金需要の構造的な変革をもたらすための金に裏付けられたソリューションを開発しています。さらに、国際金市場に洞察を提供し、金が有する富の保全特性への人々の理解の促進にも努めています。 

ワールド・ゴールド・カウンシルのメンバーには、世界を代表する最も先進的な金鉱山会社が含まれています。 

一般向け資料

すべての形態の投資には、投資元本のすべてを失うリスクを含めて、様々なリスクがあります。そのため、投資がすべての人に適しているとは限りません。 

当プレスリリースに掲載された情報は、投資助言ではなく、そのようなものとして依拠すべきではありません。証券の売買の勧誘・申し出を行うものとみなされるべきでもありません。また、投資家の皆様のいかなる特定の投資目的・戦略・税務対応・投資期間について考慮したものではありませんので、これらについては、それぞれご自身の税務や金融のアドバイザーにご相談願います。すべての情報は信頼できると考えられる情報源から入手したものです。掲載された情報の正確性を保証または約束するものではなく、そのような情報に基づく決定に関してステート・ストリートはいかなる責任も負いません。 

当プレスリリースに掲載された情報については、書面による承諾なしに第三者への複製・配布・譲渡を禁じます。また、同情報の配布・発行が許可されていない対象管轄地においては、配布・発行を禁じます。 

シンガポールでの当該トラスト売出目論見書は、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・シンガポール・リミテッド([SSGA])(会社登録番号200002719D)にご請求があればお送りいたします。当該トラストのシェア(持分)の購入を決定される前に当該トラストの目論見書をお読みになることをおすすめします。当該トラストのシェアは、ワールド・ゴールド・トラスト・サービシズエルエルシー、SSGA、その他の関連会社のいずれの債務証書、預金証書、保証書を意味するものではありません。購入決定の前に金融アドバイザーから助言を得るか否かは投資家の皆様次第です。金融アドバイザーの助言を受けない場合、当該トラストがご自分に適しているかを考えるべきです。シェアの解約については、シェアの上場中は、スポンサーに解約を請求する権利は投資家側にはありません。シェアの所有者には、シンガポール証券取引所(SGX-ST)で取引を行うことのみが想定されています。シンガポール証取への上場は当該トラストのシェアの市場流動性を保証するものではありません。 

株式のように取引されるETFには投資リスクがあり、時価が変動するため、実際の取引価格はETFの純資産価額を上回る、あるいは下回る可能性があります。また、ETFには売買委託手数料と経費が発生するため、リターンはその分低くなります。 

ETFを頻繁に取引することで売買手数料が大幅に増加し、報酬や費用が低いことで得られる恩恵を十分に享受できない可能性があります。 

これらの投資は時価に対する大幅なディスカウントなしに投資ポジションを現金化することが困難な場合があり、特に取引が少ない証券は現金化が重大な問題となる可能性があります。 

コモディティへの投資は大きなリスクを伴うことから、すべての投資家に適切とは限りません。また、様々な要因によりコモディティ価格は極端に変動することがあるため、コモディティ投資は大きなリスクを伴います。価格変動の要因としては、市場全体の動き、実質インフレ率と実感インフレ率のトレンド、コモディティ指数のボラティリティ、国際情勢や経済環境の変化、政治的変化、金利や為替レートの変動などがあります。 

Standard & PoorS&P®SPDR®は、Standard & Poors Financial Services LLC(以下「S&P」)の登録商標であり、Dow JonesDow Jones Trademark Holdings LLC(以下「Dow Jones」)の登録商標です。これらの登録商標の使用については、S&P Dow Jones Indices LLC SPDJI)に一次ライセンス、ステート・ストリート・コーポレーションには一部の目的のための二次ライセンスが与えられています。SPDJIDow JonesS&P、それらの関連会社、および三次ライセンサーは、ステート・ストリート・コーポレーションのいかなる金融商品のスポンサーではなく、これらの商品の内容に関する保証・販売・宣伝もしていません。以上の関係各社は、ステート・ストリート・コーポレーションのいかなる金融商品への投資の適否に関していかなる意見表明をする立場になく、 関連するいかなるインデックスの誤差・脱漏・中断に関して一切の責任を負うものでもありません。 

【本件に関するお問い合わせ先】

ステート・ストリート  広報部                      03-4530-7105               Japan_Corp_Comms@jp.statestreet.com 

広報窓口(クレアブ)担当:和気・仲道      03-5404-0640                StateStreetJapan@kreab.com 

 

JPMKT-2138

失効日:2018228

Media Contacts

Contact a member of the State Street Media Relations Team.

Social Media

State Street on the App Store

State Street on Twitter

We would like to thank de Blasio and those who have responded enthusiastically to what the Fearless Girl… https://t.co/7AyHUeuGMm-1 hour 43 min ago
Innovation and regulation might not be the foes you once thought they were. #FinanceReimagined https://t.co/1ebIuM1LS6-3 hours 8 min ago
From a monumental notion to a political reality. What you need to know following the triggering of #Article50. https://t.co/tGxjwCnx2M-5 hours 22 min ago
The question everyone’s asking – what’s next? #Article50 #Brexit https://t.co/vWwVBWqc5u-22 hours 2 min ago
Business Wire NewsHQ℠