ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ、 2019年グローバル市場展望を発表:米経済は好調、しかし投資機会の変化に応じた方向転換の備えを

サイクル後期とボラティリティの上昇に対応するディフェンシブな株式運用、良質なクレジット資産の積み上げが必要

Thursday, November 29, 2018 7:00 pm EST

Dateline:

2018年11月30日、東京

ステート・ストリート・コーポレーション(本社: 米ボストン)の資産運用部門であるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは本日、「終わるまで終わりではない(Not Over Until It’s Over)」と題する、2019年グローバル市場展望を発表しました。ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズでは、米国株式市場は、景気刺激策の賞味期限切れまでの時間と堅調な個人消費を背景に、強気相場の最長記録を2019年前半も更新し続けるとみています。しかし、2019年後半には、金融引き締め、貿易摩擦、地政学的出来事が新興諸国や欧州でどのように進展するか次第で、投資機会が他の地域やセクターにシフトする可能性があります。 

2019年には、サイクルの長期化とともに、市場の変動は激しさを増すと予想しています。それゆえ、ディフェンシブな株式、良質なクレジット資産、さらに新興国の株式、通貨、現地通貨建て債券を組み合わせた多様性に富む選択的なポートフォリオによる、慎重なリターン追求型の運用を提案します。 

欧州では、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の日が近づくにつれ、地政学的リスクが英国を中心に欧州株式市場に重くのしかかるのは必至です。イタリアの財政再建を巡るEUとの対立やブレグジットに絡む不透明性など、欧州の政治不安は、ユーロと英ポンドの為替相場に影響を及ぼす見通しです。 

新興国資産については、市場で織り込まれたリスクのすべてが2019年に現実化する訳ではないとの前提のもと、2018年に起きたいわゆる連座の誤謬による大量の売りの結果、買い機会が生じていると見ています。2019年を通して注目すべき国は中国です。中国は、増加の一途をたどる債務負担と、米国の制裁関税による打撃とのバランスをとりながら経済成長を実現しなければなりません。 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村孝)の常務取締役 最高投資責任者(CIO)である新原謙介は次のようにコメントしています。 

「2019年に、新興国の中でグローバル投資家に最も重要なのは中国です。中国は、世界経済の重要な牽引役としてだけではなく、主要な新興国株指数および新興国債券指数が現地の中国証券を組み入れ始めているという意味でも、世界市場における重要性を高めるとみています。さらに、市場は米中関係の根本的な変化が将来的な成長にとって何を意味するかについて理解し始めたばかりです。」 

Fedのさらなる利上げとバランスシートの縮小による市場からの流動性吸い上げが続くため、債券投資家の2019年の合言葉は、「警戒」と「質の追求」です。クレジット動向はサイクルの後期における警戒の必要性を裏付けていますので、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは引き続き、より質の高い発行体にフォーカスしていきます。また、リスクテイクを進める債券投資家には、新興国の現地通貨建て債券と新興国通貨へのバリューある投資機会が巡ってきたと分析しています。最後に、米短期金利が上昇傾向にあるため、現金に近い資産の魅力が以前より高まっているようです。さらに、効果的な長期為替戦略ヘッジ戦略を決定するために、為替相場の短期変動を活用する機会があるでしょう。 

「2019年にはボラティリティが高くなりそうなので、投資家の間ではすぐに動かせる手元資金を増やしておこうとする動きがあるかもしれません。『終わるまで終わりではない』のですから、しっかりした防御をしておけば、今後数カ月に予想されるサイクル後期の市場ボラティリティと、先行きの不確実性に備えることが可能になります」とCIOの新原謙介は述べています。 

「2019年グローバル市場展望」全文(英語)については、こちらからご覧いただけます。 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズについて
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、過去40年にわたり、各国政府や機関投資家、金融プロフェッショナルの皆様に資産運用サービスをご提供しています。厳密なリサーチや分析、厳しいマーケット環境における経験を礎としたリスク考慮型アプローチをもとに、アクティブからインデックス戦略まで幅広く、コスト効率に優れたソリューションを提案いたします。そしてスチュワード(受託者)として、社会、環境への配慮が長期的な成果をもたらすということを、お客様に理解を深めていただくよう努めています。インデックス運用とETF、ESG投資の先駆者として、投資における新しい世界を常に切り拓き、約2.81兆ドルを運用する世界第3位の資産運用会社へと成長しました。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、ステート・ストリート・コーポレーションの資産運用部門です。 

*2018年9月30日現在の運用資産残高は2.81兆ドルです。上記運用資産額は、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・ファンズ・ディストリビューターズ・エルエルシー(以下「SSGA FD」)がマーケティング・エージェントを務める運用資産残高の280億ドル(2018年9月30日時点)を反映しています。SSGA FDはステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズの関連会社です。 

重要なお知らせ
投資には、元本を失うリスクを含めて、リスクを伴います。

当プレスリリースに掲載された情報については、SSGAの書面による承諾なしに第三者への複製・配布・譲渡を禁じます。

当プレスリリースに掲載された情報は、欧州連合の「金融商品市場指令」(2004/39/EC)やスイスの適用法令ならびに日本の金融商品取引法(関連法令等を含む)に定められた投資助言ではなく、そのようなものとして依拠すべきではありません。その情報は、いかなる有価証券の購入の勧誘または販売の申し込みとして作成されたものではありません。その情報では、いかなる投資家または潜在投資家の投資目的、戦略、課税上の地位、リスク選好度、または投資期間は一切考慮に入れていません。投資に関する助言が必要な場合は、ご自分の税務、金融、その他の専門家にご相談ください。すべての情報については、信頼しうると考えられる情報源から入手したものですが、正確性を保証するものではなく、その情報に基づく決定に関して正確性を表明、保証するものではなく、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは一切の義務を負いません。

小規模な会社への投資は、大規模で知名度の高い会社への投資よりリスクが高いかもしれません。

中規模な会社への投資は、大規模で知名度の高い会社への投資よりリスクが高いかもしれませんが、小規模な会社への投資より価格の変動が少ないかもしれません。

外国で発行された証券には、為替相場の不利な方向への変動、源泉課税、一般に認められた会計原則(GAAP)の国ごとの違い、他の諸国の経済および政治の不安定によるキャピタルロスが発生するリスクがあります。

株式の価値は個別会社の業績および市場全体および経済情勢の変化に伴って変動します。

債券投資では、株式と比べると、短期リスクが少なく、ボラティリティは低いものの、金利リスク(金利が上昇すると、通常、価格が下がります)、発行体のデフォルト(債務不履行)リスク、発行体のクレジットリスク、流動性リスク、インフレリスクが伴います。こうしたリスクは通常、長期債でより顕著になります。債券ストラテジーファンドの満期償還前の売却または繰上償還の場合、大幅な利益または損失が発生する場合があります。

当プレスリリースに掲載された情報は、2018年11月29日時点における当社の見解であり、市場およびその他の情勢によって今後内容が変わる可能性があります。その情報には将来の予測に関する記述と思われる記述が含まれます。それらの記述は、いかなる将来の業績や実際の結果を保証するものではなく、実際の動きはそれらの見通しとは大きく異なる可能性があります。

本資料は、投資に関する事項に知識および経験を有するとみなされるプロフェッショナルな顧客(その中には該当するEU規制当局が定義する適格カウンターパーティーが含まれます)を対象にお届けするものです。本資料に含まれる情報が関係する商品およびサービスはそのような対象者のみに提供されるものであり、他の人(個人顧客が含まれます)はそのような情報に依拠すべきではありません。

当プレスリリースに掲載された情報は、リサーチに基づく推奨または「投資リサーチ」ではなく、欧州共同体(EU)第2次金融商品市場指令(2014/65/EU)または、該当するスイスの規制に準拠する「マーケティング・コミュニケーション」に分類されるものです。そのことは、当マーケティング・コミュニケーションが、(a)投資リサーチの独立性推進を目的とする法定要件を満たす形で作成されたものであり、(b)それにより投資リサーチ配布以前の取引が禁止の対象とはなるものではないことを意味するものです。 

【本件に関するお問い合わせ先】
ステート・ストリート 広報部      03-4530-7105 Japan_Corp_Comms@jp.statestreet.com
広報窓口(クレアブ)担当:西川          03-5404-0640 StateStreetJapan@kreab.com 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
東京都港区虎ノ門 1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー25階 Tel: 03-4530-7152

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第345号
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会 

 2331932.1.1.APAC.PR Exp. Date: 11/30/2019

Media Contacts

Contact a member of the State Street Media Relations Team.

Social Media

Business Wire NewsHQ℠