ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ調査:魅力的な利回りとインデックスへの組み入れを理由に、アジア債券に対する世界中の機関投資家の需要が高まる見通し

Tuesday, May 28, 2019 1:34 pm EDT

Dateline:

2019年5月28日、東京

米ステート・ストリート・コーポレーション(本社:ボストン)の資産運用部門であるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは本日、グリニッチ・アソシエイツ社と協働で、180社以上の機関投資家とプライベートバンクのゲートキーパーを対象に実施した、アジア債券に対するアセットアロケーションについての最新の調査結果*を発表しました。

調査の結果、アジア債券市場は今後12カ月間に、成熟するアジア市場とアジア債券の高利回りを活用しようとする世界の機関投資家やプライベートバンクの顧客からの大規模な資金流入が見込まれ得ることが明らかになりました。

回答者の半数以上が、現在、アジア債券に投資しており、そのほぼ全員(95%)が今後12カ月間に資産配分を拡大(41%)または維持(54%)することを予定しています。また、現在アジア債券に投資していない投資家の4分の1が、今後12カ月間に投資を開始することを計画しています。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズの債券部門担当アジア太平洋地域責任者であるケン・シアン・ングは、次のように述べています。「調査対象の投資家の約4分の3が、今後1年間にアジア債券へのエクスポージャーを拡大する主な理由として、利回りを挙げました。世界中の投資家にとって、アジア債券は数少ない利回りの源泉となっています。過去10年間の大半で金利は世界的に過去最低水準近辺にとどまっており、米連邦準備制度理事会(FRB)が年内の追加利上げを見送る決定をしたことから、アジア債券投資を通じた利回り獲得機会は一段と魅力が増しています」。

中国国債は投資家にとって最も魅力的

また、調査回答者はアジア債券へのエクスポージャーを引き上げる理由として、アジア債券のグローバル・インデックスへの組み入れ(41%)、市場規模の成長/商品の選択肢の拡大(37%)、市場の流動性向上(24%)を挙げました。

アジア債券に対する需要を牽引しているのは中国資産への選好の高まりで、アジア(日本を除く)の主要国債市場のリストから中国を最も魅力的な投資先に選んだ回答者は、その3分の2に上りました。

ケン・シアン・ングは、更に次のように述べました。「2019年4月から中国オンショア債券がグローバル債券インデックスに組み入れられたことは、13兆米ドルの中国債券市場がグローバル債券市場、ひいては世界中の投資家のポートフォリオと統合する上で重要な節目となりました。投資家は、中国債券が提供するポートフォリオの分散効果と相対的に高い利回りのメリットをみており、中国債券市場は引き続き成長すると予想されます」。 

アジア債券ETFの成長

調査において、世界の機関投資家およびプライベートバンクが保有する債券資産のうち、アジア債券は18%(国債が5%、社債が13%)でした。また、その内訳を見ると、保有債券資産におけるアジア債券への平均配分比率は、アジアのプライベートバンクの顧客の51%**が最も高く、アジア(日本を除く)**の機関投資家の26%、欧州の7%、米国の5%、日本**の3%、オーストラリア**の2%となっています。

現在、アクティブ運用による直接投資は、アジア債券にエクスポージャーを得るための投資手段として最も人気があります。しかし、「ETFを利用している」または「ETFの利用を検討している」機関投資家とプライベートバンクが増加しており、ETFは現時点で、アジア債券への投資手段として第4位の人気となっています(パッシブ運用による投資手段では第1位)。回答者の多くが、ETFは流動性と分散化を高め、コストを低減する可能性があるとみています。

調査を実施したグリニッチ・アソシエイツ社プリンシパルのパリジャート・バナージ氏は、次のように述べています。「現在の利用状況や比較的多くの投資家がファンドの利用を検討していることを踏まえると、ETFはアジア債券への投資手段として、人気の面でアクティブ運用のミューチュアルファンドと間もなく肩を並べることになるでしょう。」 

* ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズの委託により、グリニッチ・アソシエイツ社が2018年10月から2019年3月の期間中、アジア太平洋、欧州、米国の機関投資家151社と仲介業者36社を対象にグローバル調査を実施。

**自国の債券を除く。

 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズについて

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、過去40年にわたり、各国政府や機関投資家、金融プロフェッショナルの皆様に資産運用サービスをご提供しています。厳密なリサーチや分析、厳しいマーケット環境における経験を礎としたリスク考慮型アプローチをもとに、アクティブからインデックス戦略まで幅広く、コスト効率に優れたソリューションを提案いたします。そしてスチュワード(受託者)として、社会、環境への配慮が長期的な成果をもたらすということを、お客様に理解を深めていただくよう努めています。インデックス運用とETF、ESG投資の先駆者として、投資における新しい世界を常に切り拓き、約2.80兆ドル*を運用する世界第3位の資産運用会社へと成長しました。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、ステート・ストリート・コーポレーションの資産運用部門です。 

*運用資産残高には、約330億ドル(2019年3月末時点)のステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・ファンズ・ディストリビューターズ・エルエルシー(以下「SSGA FD」)が営業を行なっているSPDRの残高を含みます。SSGA FDはSSGAの関連会社です。 

重要なリスク事項:

一般向け資料

本プレスリリースは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・アジア・リミテッド(以下、「ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ」)または「運用者」が発表したものです。

全ての投資には、投資元本の全てを失う可能性を含めて、リスクがあります。そのような投資は全ての人に適していない可能性があります。

本プレスリリースは投資アドバイスを提供するものではありません。また、そのように利用すべきではありません。本プレスリリースに含まれている情報は投資助言ではなく、そのような取り扱いにおいて信頼できるものではありません。また、これらを、特定の証券を購入する勧誘とも売却する提案ともみなすべきではありません。これらはいかなる特定の投資家の投資目的、投資戦略、課税状況や投資期間も考慮していません。税理士および財務アドバイザーにご相談ください。

すべての資料は信頼できると考えられる情報源から入手しておりますが、情報の正確性に関し、いかなる保証もしておらず、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは係る情報に基づく判断に関していかなる責任も負いません。

外国籍の証券に投資した場合、為替の不利な変動による投資資金の喪失、源泉税、一般に公正妥当と認められている会計原則の相違、あるいは他の国における経済的もしくは政治的不安定性に起因するリスクが伴う可能性があります。

新興国市場への投資は、先進国市場への投資に比べて変動が大きく、流動性が低い場合があり、また一般的に多様性や成熟性に欠ける経済構造や先進国よりも不安定な政治体制に対するリスクが含まれます。

債券は、株式と比べると一般的に短期的なリスクおよび価格変動は小さいですが、金利リスク(金利が上昇すると債券価格は通常下がります)、発行体のデフォルト(債務不履行)リスク、発行体のクレジット・リスク、流動性リスク、インフレ・リスクがあります。それらの影響は、通常、償還期間が長い債券ほど顕著となります。債券の満期前の売却または償還は大きな利益または損失をもたらす可能性があります。

これらの投資には、現在の市場価格から大幅なディスカウントでなければ投資ポジションの売却が困難になる状況が起こり得ます。これは、取引があまり盛んでない有価証券において重大な問題となる可能性があります。

分散投資により利益を確保したり損失に対する保証が得られる訳ではありません。

ETFは株式と同じように取引され、投資リスクが伴います。市場価値は変動し、ETFの純資産額(基準価額)を上回るあるいは下回る価格で取引される可能性があります。売買仲介手数料およびETFの経費はリターンを低下させます。ETFの頻繁な取引は、手数料およびその他の費用の大幅な増加につながり、低い報酬や諸費用がもたらすETFのコスト抑制効果が相殺される可能性があります。

一般的に、ETFの価値は連動する指数の価値の変化に応じて上下することが想定されます。ETFは取引所でいずれかの証券会社に開設される証券取引口座を通して売買されますが、ファンドが個々に償還に応じることはありません。投資家は、ETF受益証券を流通市場で集め、クリエイション・ユニット集合単位と呼ばれる大口の一定量を提供することによってのみ償還することができます。

ETFを売買するための流動性のある市場が維持されるという保証はありません。

ETFを頻繁に売買した場合、取引手数料やその他の費用が大幅に増大し、その結果、低い手数料や費用によるコスト抑制効果が相殺される可能性があります。 

【本件に関するお問い合わせ先】
ステート・ストリート 広報部      03-4530-7105 Japan_Corp_Comms@jp.statestreet.com
広報窓口(クレアブ)担当:西川     03-5404-0640 StateStreetJapan@kreab.com

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
東京都港区虎ノ門 1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー25階 Tel: 03-4530-7152
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第345号
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会

© 2019 State Street Corporation.不許複製

2555373.1.1.APAC.RTL. Exp. Date: 05/31/2020



Media Contacts

Contact a member of the State Street Media Relations Team.

Social Media

Business Wire NewsHQ℠