ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ、『SPDR® ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト』の日本国内での取扱いを開始

Tuesday, October 22, 2019 9:00 pm EDT

Dateline:

2019年10月23日、東京

ステート・ストリート・コーポレーション(本社: 米ボストン)の資産運用部門であるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、本日、米国NYSEアーカ取引所に上場されている『SPDR® ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト』(GLDMSM)の日本国内での取り扱いを開始したことを発表しました。 

GLDMSMは金現物に裏付けられたETFであり、運用に係る経費率は年率0.18%と、世界における同様のETFの中でも最安クラスのETFの一つです。GLDMSMは、流動性や透明性があり、かつ安全な方法で金の長期的エクスポージャーへのアクセスを求める投資家の役に立ち得ると同時に、分散投資のメリットももたらし得ます。 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズとワールド・ゴールド・カウンシルは、2018年6月にGLDMをまず米国で設定・上場しました(ティッカー:GLDM)。この「低コスト金ETF」は、一口当たり基準価額が米国での設定当初において金100分の1オンスをLBMA午後金価格(米ドル建て)で評価した価値を表象するように設定されました2。 

GLDMSMは、米国で初めて取引された金ETFであり、かつ初めて実物資産に裏付けられた米国上場ETFである『SPDR® ゴールド・シェアーズ』(GLD®)を含む、金現物に裏付けられたETFシリーズの一つです。(GLD®米国上場最初の3日間で10億米ドルを超える資産を集めて以来3、マーケットで最大の金ETFであり続けており、純資産総額は約450億米ドルに達します4。なお、GLD®は東京証券取引所に重複上場されています。) 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズでグローバルSPDR ETFビジネス責任者を務めるロリー・トビンは次のように述べています。「GLDMは、金現物に裏付けられた商品が、ポートフォリオにもたらし得るリスク調整後リターンへのアクセスを追求する投資家にとって費用対効果が高く、効率の良い、流動性の高いソリューションを提供します。インフレーション見通しが低く、政治情勢や市場動向が不透明な現在の状況下で、本件は、GLDMによる分散投資のメリットを利用する機会を日本の投資家にとてもタイミング良く提供できることとなるでしょう。」 

ワールド・ゴールド・カウンシルの米国マネージング・ディレクターであるジョー・カバトーニは次のように述べています。「当社のリサーチによれば、金現物に裏付けられたETFに対する投資家のニーズは増加し続けており、世界における総資産額は今年9月に過去最高水準に達しています。投資家による投資戦略の一部として、金にアクセスするためのさらなるソリューションを提供できることをうれしく思います。」 

この度、新たにGLDM の取扱いを開始することにより、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが日本国内で取り扱う外国ETFの銘柄数は、全52銘柄となります(東京証券取引所の重複上場3銘柄を含む。)。

脚注
1  ワールド・ゴールド・カウンシルは、GLDMSMのスポンサーであるWGC USAアセット・マネジメント・カンパニーLLCの親会社です。

2  当該金価格は2018年6月25日におけるLBMA午後金価格を用いて決定されました。
3  出所:ブルームバーグ・ファイナンスL.P.、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(2019年8月30日時点)
4  448億米ドル(2019年9月28日時点、出所:ブルームバーグ)
5  ワールド・ゴールド・カウンシル(Gold Demand Trends report Q2 2019) 

SPDR ETFについて
SPDR ETFは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが提供する米国内外の様々な資産クラスを網羅するETF(上場投資信託)シリーズです。ステート・ストリート・コーポレーションの100%子会社であり、米国の登録投資顧問会社であるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・ファンド・マネジメントによって運用されています。SPDR ETFは、投資家の皆様の投資戦略をきめ細やかに満たす、柔軟な商品選択肢を提供いたします。
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズはETFのパイオニアであり、1993年に世界初のETFとなるSPDR S&P 500®ETFを設定して以来、ETF業界の先駆者として、金、グローバル不動産、グローバル債券、およびセクターのETF等、世界市場に革新的な新商品を提供してまいりました。詳しくはwww.spdrs.jpをご覧ください。 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズについて
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、過去40年にわたり、各国政府や機関投資家、金融プロフェッショナルの皆様に資産運用サービスをご提供しています。厳密なリサーチや分析、厳しいマーケット環境における経験を礎としたリスク考慮型アプローチをもとに、アクティブからインデックス戦略まで幅広く、コスト効率に優れたソリューションを提案いたします。そしてスチュワード(受託者)として、社会、環境への配慮が長期的な成果をもたらすということを、お客様に理解を深めていただくよう努めています。インデックス運用とETF、ESG投資の先駆者として、投資における新しい世界を常に切り拓き、約2.90兆ドル*を運用する世界第3位の資産運用会社へと成長しました。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、ステート・ストリート・コーポレーションの資産運用部門です。 

*運用資産残高には、約360億ドル(2019年6月末時点)のステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・ファンズ・ディストリビューターズ・エルエルシー(以下「SSGA FD」)が営業を行なっているSPDRの残高を含みます。SSGA FDはSSGAの関連会社です。 

ワールド・ゴールド・カウンシルについて
ワールド・ゴールド・カウンシルは、金業界の市場開発組織です。その目的は、金に対する需要を活性化および維持し、業界のリーダーシップをもたらし、また金市場の世界的権威であることです。 

ワールド・ゴールド・カウンシルは、権威ある市場見識に基づき、金現物に裏付けられたソリューションやサービスならびに商品を開発し、そのアイデアを実行に移すためにさまざまなパートナーと協力しています。これにより、主要な市場部門における金需要の構造的変化を創造しています。ワールド・ゴールド・カウンシルは、国際的な金市場への見識を提供し、金の資産保全特性ならびに世の中の社会的および環境的なニーズに合う役割に対する人々の理解を促進しています。 

ワールド・ゴールド・カウンシルの会員には、世界の主導的かつ最も将来思考な金鉱業企業が含まれています。 

重要なリスク情報
投資にはリスクを伴います。SPDR®ゴールド・シェアーズ・トラスト(「GLD®」)およびワールド・ゴールド・トラストの1シリーズであるSPDR®ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(「GLDMSM」)への投資によって、資金を失う可能性があります。

ETFは株式のように売買され、投資リスクがあり、時価が変動するため、売買する際の価格はETFの純資産価額に比べて高くも安くもなり得ます。売買委託手数料とETFの経費はリターンを低下させます。 

コモディティやコモディティ指数に連動した証券は、全体的な市場動向の変化や金利の変化、さらには天候、疾病、通商停止や政治的ないし規制的な展開、対象コモディティに係る投機者や裁定者の取引活動など、他の要因の影響を受けます。 

ETFを頻繁に売買した場合、売買手数料や他のコストが大幅に増加し、その結果、低いフィーやコストによる節約効果が相殺されることがあります。

分散投資により利益を確保したり損失に対する保証が得られたりするわけではありません。 

コモディティ投資には大きなリスクを伴うため、すべての投資家に相応しいとは言えません。 

SPDR®ゴールド・トラスト(「GLD®」)およびSPDR®ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(「GLDMSM」)に関する重要情報
SPDR®ゴールド・トラスト(「GLD®」)は、GLD®に係る(目論見書などの)届出書面を証券取引委員会(「SEC」)に届け出ております。ワールド・ゴールド・トラストはGLDMSMに係る(目論見書などの)届出書面をSECに届け出ております。投資する前に、各ファンドがSECに届け出た届出書面の中の目論見書およびその他の文書をお読みになり、各ファンドとその勧誘に関するより完全な情報を得てください。各ファンドの目論見書で、各ファンドへの投資に伴うリスクに関する詳細な議論をご覧ください。GLD®の目論見書はこちらをクリックすることで入手でき、GLDMSMの目論見書はこちらをクリックすることで入手できます。あるいは、SECのウェブサイトsec.gov上のEDGAR、またはspdrgoldshares.comにて無料で入手できます。他にも、866.320.4053までお電話でご請求いただければ、各ファンドまたは指定参加者が目論見書をお送りするよう手配いたします。 

各ファンドとも1940年投資会社法(「1940年法」)の下で登録された投資会社ではありません。そのため、各ファンドの投資主には1940年法の下で登録された投資会社の株式保有に伴う保護がありません。GLD®およびGLDMSMは1936年商品取引法(「CEA」)の規制対象ではありません。そのため、GLD®およびGLDMSMの投資主にはCEAが提供する保護がありません。 

各ファンドの受益権は株式のように売買され、投資リスクがあり、時価が変動します。 

GLD®受益権およびGLDMSM受益権の価値は、各ファンドが保有する金の価値(経費控除後)にそれぞれ直接関係しており、金価格の変動が受益権への投資に大幅に不利な影響を与える可能性があります。時価で売買される受益権の売却に際して受け取る価格は、受益権が表象する金の価値よりも多い場合も少ない場合もあります。

いずれのファンドもインカムを生じず、各ファンドは継続的に発生する経費を賄うべく金を定期的に売却するため、各ファンドの受益権が表象する金の量は時間の経過とともに相応分減少します。 

ワールド・ゴールド・カウンシルの名称とロゴは登録商標であり、ライセンス契約に従ってワールド・ゴールド・カウンシルの許可を得て使用しています。ワールド・ゴールド・カウンシルは、本資料の内容について責任を負わず、また本資料の使用や依拠についても責任を負いません。ワールド・ゴールド・カウンシルはGLD®およびGLDMSMのスポンサーの関連会社です。 

GLD®はワールド・ゴールド・トラスト・サービシズLLCの登録商標であり、ワールド・ゴールド・トラスト・サービシズLLCの許可を得て使用しています。MiniSharesSMおよびGLDMSMはWGC USAアセット・マネジメント・カンパニーLLCのサービスマークであり、WGC USAアセット・マネジメント・カンパニーLLCの許可を得て使用しています。 

Standard & Poor’s®、S&P®、SPDR®は、S&P Globalの1部門であるStandard & Poor’s Financial Services LLC (S&P)の登録商標です。Dow Jonesは、Dow Jones Trademark Holdings LLC(ダウ・ジョーンズ)の登録商標です。これらの商標は、ライセンスを受けてS&P Dow Jones Indices LLC(SPDJI)が使用し、特定の目的のためにState Street Corporationがサブライセンスを受けています。State Street Corporationの金融商品は、SPDJI、ダウ・ジョーンズ、S&P、それぞれの関連会社およびライセンスを受けた第三者が提供、推奨、販売、あるいは宣伝するものではなく、係る当事者のいずれも係る商品への投資の適否に関して表明せず、それに関連したいかなる責任も負いません。 

さらなる情報については、GLD®およびGLDMSMのマーケティング・エージェントであるState Street Global Advisors Funds Distributors, LLC、One Iron Street, Boston, MA, 02210; T: +1 866 320 4053 spdrgoldshares.com.へご連絡ください。 

State Street Global Advisors Funds Distributors, LLC, One Iron Street, Boston, MA 02210 

米連邦預金保険公社(FDIC)の保険対象ではありません。銀行の保証はありません。投資価値を失う可能性があります。 

【本件に関するお問い合わせ先】
ステート・ストリート 広報部                03-4530-7105          Japan_Corp_Comms@jp.statestreet.com 

広報窓口(クレアブ)担当:西川           03-5404-0640          StateStreetJapan@kreab.com 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
東京都港区虎ノ門 1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー25階 Tel: 03-4530-7152

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第345号
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会 

免責事項
本資料は情報提供のみを目的として作成したものであり、金融商品取引法およびその他日本の法律に基づく開示資料ではありません。

本資料は、ステート・ストリートおよびその関連会社等が作成し提供しております。本資料は各種の信頼できると考えられる情報・データに基づき作成しておりますが、弊社はその正確性・完全性を保証するものではありません。こうした情報は不完全であるか、要約されている場合があります。本資料の意見は全てステート・ストリートの判断で構成されており、事前に通知することなく変更される可能性があります。本資料は、投資の勧誘等を目的とするものでは一切ありません。本資料には、日本国内での募集の取扱等に係る金融庁への届出等がされていない海外ETFに関する情報・データも含まれています。

<投資にかかるリスクについて>
ETFは、主に株式や債券などの有価証券、また金などのコモディティ等に投資を行います。投資対象としている株式等の値動きにより、ETFの基準価額が下落することがあります。有価証券への投資には、価格変動リスク、カントリーリスク、信用リスク、為替リスク等、様々なリスクがあり、ETFにも同様のリスクが伴います。これらのリスク要因により投資資産の市場価格が下落する場合があり、その為、投資元本を割り込む恐れがあります。ETFには上場廃止リスクがあり、純資産規模が縮小するなど、運用が困難になった場合や、上場取引所の上場基準に合致しなくなった場合、上場廃止となることがあります。これらは主なリスクであり、ETFへの投資に係るリスクはこれらに限定されるものではありません。

<ETFの投資にかかる一般的な留意事項>
① 元本保証はされていません。
② ETFの一口あたりの純資産額と連動を目指す特定の株価指数等が乖離する可能性があります。
③ 市場価格とETFの一口あたりの純資産額が乖離する可能性があります。

<ETFにかかる手数料・費用について>
ETFを売買する際は、取扱いの金融商品取引業者の定める売買手数料がかかります。その他ETFを保有する際には、それぞれ個別に定められた費用がかかります。これらの費用には、運用会社・管理会社に支払う報酬、組入れ有価証券の売買の際に発生する手数料、監査費用等があります。これらは、運用の状況等によって変動するため、上限を示すことができません。当掲載情報は作成時点のものであり、市場の環境その他の状況等により予告なく変更されることがあります。
“SPDR®”は、Standard & Poor’s Financial Services LLC( 以下「S&P」)の登録商標であり、ステート・ストリート・コーポレーションがその使用許諾を得ています。また、”Standard & Poor’s®”、”S&P®”、”SPDR®”および”S&P500®”は、S&Pの登録商標であり、ステート・ストリート・コーポレーションがその使用許諾を得ています。S&Pまたはその関係会社は、ステート・ストリート・コーポレーションまたはその関係会社が提供するいかなる金融商品のスポンサーでもなく、これらの商品の内容に関する保証・販売・宣伝もしていません。またS&Pおよびその関係会社は、これらの商品への投資の適否に関して、いかなる意見表明もしていません。
その他のインデックス、登録商標に関しては、各会社およびその関係会社に帰属し、ステート・ストリート・コーポレーションが特定の目的で使用許諾を得ています。本資料のETFの合法性や適合性について、インデックスあるいは登録商標の帰属する各会社およびその関係会社は、何ら判断を下していません。また、発行・後援・裏書・販売・宣伝もしていません。インデックスあるいは登録商標の帰属する各会社およびその関係会社は、ETFに関していかなる保証も責任も負いません。また、ETFの資産運用や販売に関していかなる責任も負わず、管理運営に携わることもありません。

※取得のお申し込みに当たっては、必ず上場有価証券等書面又はその他の開示書類の内容をご確認の上、ご自身でご判断下さい。
※購入のお申し込みや売買手数料等につきましては、取扱いの金融商品取引業者(証券会社)までお問い合わせ下さい。
本資料の記載内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。

© 2019 State Street Corporation.不許複製
2770832.1.1.APAC.RTL  Exp. Date: 10/23/2020

 


 

Media Contacts

Contact a member of the State Street Media Relations Team.

Social Media

Business Wire NewsHQ℠